身だしなみを整えるために使用するシャンプーを見直そう

ヘナを使用する

ヘナの様々な効能とは

白髪染めにも色々あります。市販のケミカルな物もありますが、今回紹介したいのはヘナです。ヘナはミハソギ科の植物でヘナに含まれるローソンというオレンジ色の色素がタンパク質に絡みつくことで皮膚や頭髪を染め、古代エジプトでは爪を染めたり皮膚に化粧をするために使われ、またインドで髪を丈夫で健康にする作用があると言われていました。 実際、ヘナの効能は皮膚炎の治療、止血、防腐などでもちろん髪の毛に効果があります。髪が染まるだけではなく、傷んだ頭髪をヘナのタンパク質が包み込んで補修し、ふけやかゆみも防ぎます。市販の白髪染めではかぶれてしまう敏感肌の人にも、オーガニック志向の人にもお勧めの白髪染めハーブです。 日本でも白髪染めとして使用する人が増えてきました。

ヘナの白髪染めとしての人気

ヘナの効能が日本で認められてきたのは最近のことで、少しずつヘナを配合したトリートメントや白髪染めも売り出されるようになってきました。また、ヘナパウダーやインディゴなどのインドハーブを買って白髪染めをするオーガニック志向の人もいます。 この先、白髪染めとしてのヘナの人気はだんだんに自然派の人々を中心に拡大していくと考えられます。 しかし、注意すべきことがあります。ヘナ自体はとても良いものですが、儲けるために偽物や、化学薬品を混ぜて売る悪質な業者もいて、それを使用することで皮膚や髪に深刻なダメージを被ることがあります。なので、ヘナやヘナを使用した白髪染め、トリートメントを購入する際には十分に信頼ができるか調べてから買うことが大切です。 この課題も含めて、今後のヘナの白髪染めの需要はどのようにして伸びていくのか、きになるところです。